スズキ ハスラー

ハスラーのAグレードは買いか?Gとの装備の違いを徹底解説!

2017/08/06

ハスラーAはどんな人が購入するのでしょうか?

ガゼルはハスラーのグレードGの5速マニュアルシフトを購入しました。

購入した理由ですが一番の理由は、マニュアルシフトが好きだったということです。

さらにGグレードにした理由は、装備がしっかりしているところです。

ハスラーのAグレードはGに比べて装備は極めてシンプルなものになります。

ハスラーAのシンプルな内外装を見てください

最低の装備しか付帯されておりません。

しかし車両本体価格が安いという最大のメリットがあります。

自分にとっては必要のない装備というものもあると思います。

特にGグレードほどの装備は自分には必要ないと思えば、Aグレードはとても魅力的に映ると思います。

またハスラーは外観がとても魅力的なのが特徴ですので、装備がシンプルでも良いと言う人は買いだと思います。

それではハスラーAの特徴とGとの違いについて考察していきましょう。


スポンサーリンク

ハスラーAの燃費と価格は?

グレードAの燃費は?

A CVT 26.6 実燃費 15.9~21.2

A 5MT 24.8 実燃費 14.8~19.8

G CVT 32.0 実燃費 19.2~25.6

G 5MT 26.4 実燃費 15.8~21.1

総じて5MTよりCVTの方が燃費が良くなっています。

でもこれは気を付けなければなりません。

ネット上でもCVTより5MTの方が燃費が悪い、という事をまことしやかに伝えているブログがあったりします。

どういうことかと申しますと、カタログの燃費通りにはならないということです。

CVTは、シフトのタイミングが決められていますので、そのベストのタイミングで燃費が測られております。

しかし5MTの場合はそのタイミングがまちまちですので、正確な燃費というものは分かりません。

5MTの場合は空ぶかししたりギアを引っ張らなければ、CVTよりも燃費が良くなる場合があります。

実際ガゼルのハスラーは実燃費で22L以上行きます。

これは実燃費では結構良い数値だと思います。

グレードAの燃費は5MTだとほとんど差はありません。

しかしCVTだと結構差があります

これはSエネチャージによる燃費の差だと思います。

ですのでAグレードの場合は出来る限り5MTを選択した方が有利だと思います 。

車両価格は?

ハスラー A 2WD CVT
車輌本体価格 ¥999.000-(税抜)

ハスラー G  2WD CVT
車両本体価格 ¥1.176.000円(税抜) ツートンルーフ ¥1.2192.000円(税抜)

結構価格に差がありますね。

これは魅力的ですよ。

グレードにあってグレードにない装備の差をどう考えるかですね。

ハスラーAの特徴は?

外装はシンプル

カラーが選べない

グレードAの場合車体の色は単色の5種類(カーキ、黒、白、シルバー、アイボリー)しか選べません。

ツートンルーフカラーは選べないということです。

これがデメリットになるのかはオーナー次第です。

さらにアルミホイールは選べず、スチールホイールのみとなります。

しかもガンメタのみです。

リアワイパーが無い

グレードAだとリアワイパーが最初からついていません。

あれば便利ですが必要なのは雨の日だけですし、汚れたら拭けば良いだけの話です。

必要性がないのであればなくても良いかと思います。

サイドミラーは電動ではない手動である

ミラーは電動格納式ではありません。

内側の鏡を動かすモーターもありませんので、すべて手動で調整します。

助手席のミラーも、運転席から手を伸ばせば届く範囲ですので諦めるしかありません。

電動格納ミラーは欲しいところですが、車体が小さいので離合の時に畳むようなことは少ないかもしれません。


スポンサーリンク

内装もシンプル

インパネの色が選べない

ダッシュボードのインパネの色は白のみです。

GグレードやXグレードのように外装に合わせてパネルの色を選べるということはできません。

これをデメリットと思うかはオーナー次第です 。

 

リアシートとシートアレンジ

車中泊が難しい

グレードAは荷台がフラットになりません。

Xグレードのように、前席がシートリフター付ではないので、フラットにはならないと思います。

またリアシートはスライドして調整ができないため、前席との位置の調整ができません。

ですので運転席側のフロントシートを後ろに倒して、リアシートを倒したとしてもフルフラットにはできません。

しかし助手席の座面を起こして前に倒し、さらに背もたれも前に倒した状態で後ろのシートも前に倒すとなんとかフラットにはできるようです 。

ところがこの方法だと段差や隙間が結構できてしまいます。

その段差や隙間をマットで埋める必要があります。

以上のことから、車中泊は一人であればなんとかできる状態だと思います。

但し社外品のマットを引けば車中泊は可能です。

完全オーディオレスでスピーカーがない

ハスラーのAグレードは完全オーディオレスです。

もう一度言います。

完全にオーディオはありません。

オーディオどころかスピーカーすらついていません。

ですので最低でも、オーディオとスピーカーは後から買わないと駄目です。

まあオーナー次第ですからなくても良いと思えばわざわざつけなくてもいいと思います。

リアシートのヘッドレストがないが取り付け穴はある

リアシートにあるはずのヘッドレストが付いていません。

ヘッドレストは衝突の際に頭を保護するものですのであった方がいいです。

実際見てみるとかなり違和感があります。

ちなみに純正のヘッドレストは1個9000円弱で、左右合わせますと18000円します。

これは高いといえるのでしょうか?

どちらにしてもヘッドレストはあった方が良いと思います。

安全装備がない

レーダーブレーキサポートがない

グレードGのCVT仕様に標準で付いています。

これはあまり意味が無いと思います。

グレードXのデュアルカメラレーダーブレーキサポートシステムはスバルのアイサイトと同じレベルの性能です。

Gのレーダーブレーキサポートとは比較になりません。

現段階の安全レベルでは低いと思います。

特に必要はないかと思います。

ヒルディセントコントロールがない

急な下り坂がある雪道などでブレーキコントロールが難しい場合に、自動的にブレーキがかかるシステムはとても重宝します。

特に初心者は経験値が少なく、悪路が苦手ですのでありがたいシステムです。

グリップコントロールがない

これは特に雪道での発進時において、タイヤの滑りを最小限に抑えるシステムです。

雪道に慣れている人は構いませんが、特に初心者などには重宝するシステムです。

アイドリングストップがない

ハスラーのアイドリングシステムは始動時の音や振動が少ない優れたものです。

しかしそのために別にリチウムイオンバッテリーを搭載しなければなりません。

そのアイドリング用のバッテリーは普通のバッテリーのおよそ倍の値段です。

2万円から3万円以上します。

またエンジンを切ったりかけたりの繰り返しで、バッテリー自体の消耗も懸念されます。


スポンサーリンク

ハスラーAグレードとGグレード違い

ハスラーのグレードAとGの違いをまとめてみます 。

20万円くらいGの方が高い程度です。

装備の違い

リヤシート個別スライド
リヤシートヘッドレスト
リヤワイパー
フルオートエアコン
電動ドアミラー
オーディオorナビ
(安全装置)
レーダーブレーキサポート
ヒルディセントコントロール
グリップコントロール
エネチャージ
アイドリングストップシステム

一般的にはグレードGはスズキハスラーのベストだと言われています。

ハスラーAは買いか?

はっきり申し上げてオーナー次第だと言えます。

内外装の装備から言えばベストグレードはGです。

これまで申し上げてきた通り、グレードAはシンプルでいろんな装備が省かれています。

それをどこまで我慢できるかという所だと思います。

ドアミラーは一度固定してしまうとあまり触らないかもしれません。

車中泊をしないのであれば後部座席のシートもスライドしなくても良いです。

オーディオなどは純正の方が高いです。

こういう理由でグレードAにされる方もいらっしゃいます。

4WD5MTがおすすすめ

image

前述したように5MTは、カタログで示されているような悪い燃費ではありません。

乗り手次第で、丁寧に乗れば燃費はCVTより伸びます 。

さらに5MTのメリットは重量が軽くなるということです。

もっと言えば5MTは操る楽しさがあります。

そこで山道や雪道を走ることが多いのであれば4WDという選択が良いと思います。

元々グレードAは重量が軽いので、4WDを選択してもさほど性能は落ちないと思います。

グレードAを選ぶのなら5MTの4WDがお勧めです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ハスラーAを選択するメリットは確かにあると思います。

それはオーナー次第ではありますが、軽自動車の経済性を考えるとかなり魅力的な選択になると思います。

ハスラーは確かにファッション性も重視されています。

しかし山道を走ることができるRV的な側面もあります。

またどこかレトロぽい雰囲気もあります。

シンプルなこともハスラーにとっての魅力になるのではないでしょうか。

道具として使い倒すことを希望しているオーナーなら、正にドストライクの選択になると思います。

ですのでハスラーのAタイプを選んで道具として使い倒してください。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-スズキ ハスラー