ファミリーカー 軽自動車

子供ができた!ファミリーカーとして軽自動車はおすすめなのか

2017/07/18

私は恥ずかしながら独身なのですが、私の会社の後輩は結婚してからすぐに1人目更に来年二人目が誕生します。

はっきりいってうらやましいです。

そこで彼はデイズルークスを購入しました。

超絶デイズルークスの魅力とは?

納期は来年2017年の一月になりますが、本当にうれしそうです。

昔だったら子育てに軽自動車を選ぶ人は少なかったのではないかと思います。

ところが現代の軽自動車は規格が大きくなり室内もとても広くなりました。

ですからファミリーカーに軽自動車を選ぶ人が増えてきたように思います。

では軽自動車を選ぶことにどんなメリットがあるのかデメリットとして注意すべき点など考察していきましょう。


スポンサーリンク

軽自動車をためらっている人に

所詮軽だからと最近私は言われました。

私は車が突然壊れまして次の車を探さなければならなくなりました。

そこで軽自動車のハスラーはどうだろうかと知り合いに相談してみると所詮軽だからなあと言われました。

私はスノボをするのでゲレンデに行くにはちょうどいいと思っていたのですが、軽自動車は男が乗るものではないというような考えなのでしょうか?

軽自動車のメリット

車両価格が安い

最近の軽自動車は車両価格が高くなりました。

内装とか足回りはそれなりですがレーダーブレーキサポートや衝突安全ブレーキなどの先進の技術が使われていたりしますからね

しかし普通車に比べれば安いです。

売れ筋の価格帯ですと大体100万円から150万円前後といったところでしょうか。

税金など諸経費が安い

calculator-385506_1280

 

年間の自動車税が上がり7200円から10800円になりました。

でも普通車に比べるととても安いです。

車検もユーザー車検で3万円くらい

ディーラー車検で80000円くらい

業者車検で50000円くらいになっていていずれも普通車より安いです。

車検時にかかる重量税や自賠責保険料も安いので軽自動車は経済的です。

燃費が良い

一番売れているN-BOXでJC08モード20.8~25.6km/Lです。

N-BOXはスーパーハイトワゴンなので背が高い分重くなり燃費が悪くなります。

ハイトワゴンのワゴンRだとJC08モード30.8~33.0km/Lです。

更に小さいアルトになるとJC08モード25.2~37.0km/Lです。

アルトはワークスというスポーツモデルがあるので燃費の値が幅広いです。

軽自動車は総じて燃費が普通車よりいいです。

但しハイブリッド車を除くです。

室内が広い

昔の軽自動車と違って背を高くしているので十分な室内空間があります。

現在はファーストカーとして軽自動車を選ぶとが多くなりました。

長尺ものも積めますし、とにかく荷物はたくさん積めます。

それでいて人もゆったり座れて楽ちんです。


スポンサーリンク

軽自動車のデメリット

パワーがない

高性能エンジンでインタークーラー付きターボチャージャーで64PS(メーカー側の自主規制による最高出力)です。

高速を頻繁に使う人や人を多く乗せる人や坂道を走ることが多い人はターボにするべきだと思います。

NA(ターボ無し)では50馬力程度と非力です。

しかし街中を走ることが多い方はこれで十分です。

燃費がいいし税金も安くなる可能性があるからです。

燃費効率を優先すると馬力が落ちますし、馬力を優先しますと燃費が悪くなります。

最初から排気量制限があるので両立するのは難しくどうしても用途によってエンジンを選ぶしかないということになってしまいます。

衝突安全性に不安がある

軽自動車はバックドアから座席まで距離がありませんので後方から衝突されるとダメージがあります。

前方もエンジンルームが小さいのでダメージは普通車より大きいと思います。

しかし技術が進歩してフレームも軽くて頑丈な物になってきているので不安は少なくなってきていると思います。

衝突軽減システムとか、レーダーサポートとか新しい技術も導入されていますのでそういう車を選べはより安全だと思います。

普通車よりは室内が狭い

どうしても寸法に制限があるので致し方ないところだと思います。

軽は4人乗りです。

普通車は5人乗りですが後部座席の真ん中に座っているのを私はあまり見たことがありません。

荷室も毎回そんなに荷物を載せる事はないでしょうから問題ないでしょう。

最近の軽自動車は昔に比べて広くなっているので日常生活において不満はないと思います。

高速など長距離は苦手

長距離を軽自動車で移動するのは大変疲れます。

エンジンに余裕がないのと室内が普通車に比べたら狭い

シートも普通車のほうが良くできているということだと思います。


スポンサーリンク

ファミリーに人気の軽自動車ランキング

ホンダN-BOX

 

ダイハツタント

tanto

 

スズキスペーシア

%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%a0

日産デイズルークス

ダイハツウェイク

スーパーハイトワゴンが上位になっています。

少し前まではハイトワゴンのワゴンRやムーブが圧倒的に強かったのですが、より広くて立派な軽自動車が支持されたということですね。

軽自動車の市場の動向

ハイトワゴンという選択

ハイトワゴン(トールワゴン)はその名の通りスーパーハイトワゴンより少し背の低い軽自動車です。

タントやN-BOXが世に出る前はワゴンRとムーブの一騎打ち地う感じでした。

それなりに市場に受け入れられていたので今でも通用すると思います。

ハイトワゴンのメリット

スーパーハイトワゴンに比べて車重が軽くそのために燃費が良いです。

更に車両価格がスーパーハイトワゴンに比べ安く経済的です。

それなりに車内が広くチャイルドシートをつけても狭く感じることはありません。

ハイトワゴンのデメリット

スライドシートではありませんので乗り降りが少し不便なのと子供がドアをぶつけたりすることがあります。

当然ハイトワゴンより背が低いので車内は少し狭く感じます。

スーパーハイトワゴンに比べ高級感がなく地味な存在になってしまいました。

まとめ

軽自動車は大きさや馬力などいろんな制限があります。

普通車よりもそれは劣っています。

しかしながらそのおかげで税金が安かったり、燃費が良かったりするわけです。

なので長距離を運転しない、スピードは出さない、多人数乗せないなら軽自動車の選択はありだと思います。

男も軽自動車に乗っていても恥ずかしくない時代になりました。

軽自動車は日本の宝です。

じっくり選んで購入しましょう。

私の記事が参考になりましたら幸いです。


スポンサーリンク

-ファミリーカー, 軽自動車