エンジン駆動系 新車購入

エンジンの種類で違う燃費と車両価格!あなたは知っていましたか?

2018/06/21

ガゼルが若い頃は、車もバイクも高性能を追求していました。

欧州車に追いつき追い越せと新しい技術が開発されました。

現在は省エネ指向が定着して燃焼効率を追求する車がもてはやされる時代になりました。

今日のエンジンは4種類に大別されます。

動力性能は1990年頃までに十分な水準まで高まりました。

現代のエンジンは排出ガスのクリーン化や燃料消費量の低減など、主に環境性能で進化しています。

そしてターボなどの技術も環境性能の向上で活用されています。

以前は高い性能を得るための手段でした。

でも今は少ない排気量で、必要十分な性能を出す事を目的にしています。


スポンサーリンク

ノーマルガソリンエンジン

ターボなどの過給器系の機器を採用しないシンプルなエンジンです。

今でも数多くの車に搭載されています。

機能がシンプルで搭載車種も多いためにコストを下げる事ができます。

価格の安い車種の多くはノーマルタイプのガソリンエンジン車です。

最近の機種は、アイドリングストップなどの装着で燃焼効率がアップし燃費性能が向上しています。

一般的にお買い得車が多いのも特徴です。

基本的にはハイブリッドエンジンの方が燃費が良くなります。

しかしハイブリッド車は車両価格が高いものが多いです。

なので1年間の走行距離が5000キロ未満であれば、ノーマルガソリンエンジンの方がトータル的には出費を抑えることができます。

ノーマルエンジンのメリット

機能がシンプルなので価格が割安にできます。

運転感覚は自然で運転しやすいようです。

ノーマルエンジンのデメリット

動力性能や燃費性能が際立って優れているわけではありません。

ガソリンターボ

排気ガスを利用してタービンを回し空気を燃焼室に送り込み大量の燃料を燃焼させます。

高出力が得られますので、以前はスポーツカーの技術とされました。

ですが今は排気を小さく抑えても必要十分な出力が得られ、その上燃料消費量を節約出来るようになりました。

つまり以前はターボといえば高性能を追求する技術、今は燃費を向上させる技術として使われています。

ターボは今の軽自動車にも有効です。

今の軽自動車は背の高い車種は多く、スライドドアのモーターの重量で車重が重くなってます。

軽自動車の馬力は普通車に比べ劣っています。

そこで動力性能を補うためターボを装着するわけです。

ガソリンターボエンジンのメリット

排気量をアップさせることと同じ効果があります。

トルクが高められ幅広い回転域で力を発揮します。

ガソリンターボエンジンのデメリット

ターボ機器を装着することで価格が高くなってしまいます。

燃費がよくなることもありますが車種によって異なってきます。


スポンサーリンク

ディーゼルエンジン

ディーゼルエンジンとは軽油を燃料として燃焼させているエンジンです。

ガソリンエンジンに比べると燃焼効率が高い燃料を有効に活用できます。

低回転域でも充分な駆動力を発揮しています。

しかしガソリンエンジンと同じ排気量でしたらディーゼルの方が出力が小さくなります。

そこでターボを装着したりして動力性能を高めたりすることがあります。

燃料の消費も少ない上に、軽油はガソリンよりも安い単価ですので燃料代も少なく抑えることができます。

もともとディーゼルエンジンは人体に有害な排気ガスを出すという問題がありました。

今ではクリーン性能が高まりました。

ディーゼルエンジンのメリット

エンジンの低回転域で駆動力に力があります。

燃料代の単価も安く抑えることができます。

ディーゼルエンジンのデメリット

低回転域は力がありスムーズに加速しますが、高回転域の吹き上がりが鈍くなる傾向があります。

車種によりますが、ディーゼルエンジン特有のノイズと振動が気になることがあります。

ハイブリッドエンジン

ガソリンエンジンとモーターを うまく使い分けているのがハイブリッドエンジンです。

以前のハイブリッド車では減速するときのエネルギーは無駄になっていました。

しかし現在は、その減速エネルギーで発電を行っています。

そしてその電気を駆動用の電池に蓄えて走行に使っています。

信号機などが多い市街地では、ストップアンドゴーが多いので燃料を節約できるというメリットがあります。

ハイブリッドエンジンのメリット

市街地などではエンジンを停止した状態で走ることが多いなぜ燃費が良くなる。

スタートはモーターを使うので静かで力強い。

⇒ 日産ノートe-POWERレンジエクステンダーEVハイブリッドシステムの実力

⇒ デビューが町同士い

ハイブリッドエンジンのデメリット

モーターや駆動用の電池や制御機能が必要なのでその分の価格が20万円以上は高くなります。

高速道路など一定の速度で長距離を走る場合は、ノーマルエンジンの燃費とさほど変わらなくなってしまう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

現在の自動車は燃焼効率を求めるエンジンが主流になっています。

これからも新しい技術がでてきて、どのエンジン形式が主流になるのか分かりません。

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車などです。

以前開かれたパリ協定などで、地球温暖化対策が叫ばれています。

これからも、地球環境にやさしい車がどんどん台頭してくると思います。

私の記事が参考になりましたら幸いです



-エンジン駆動系, 新車購入