CHR SUV車

トヨタCHRハイブリッドの燃費は悪い?燃費を向上させる方法は?

トヨタのクロスオーバーSUV「chr」の購入を検討している方にとって、燃費が良いのか悪いのかは気になる事のひとつではないでしょうか?

そこで、今回はchrの燃費を様々な観点から検証してみることにしました。

また、chrの燃費を向上させる方法についても解説しますので、是非最後までお読みください!


スポンサーリンク

トヨタC-HRハイブリッドの燃費は?

chrにはハイブリッドとガソリン車がありますが、まずは人気のハイブリッド車の燃費を検証してみましょう。

chrハイブリッドのカタログ燃費は30.2km/lで、最大のライバルであるホンダヴェゼルハイブリッド(ff車)の23.4~27.0km/lを3.2~6.8km/lも上回っています。

では、カタログ燃費より遥かに重要な実燃費はどうでしょうか?

燃費検証サイト「e燃費」のデータによると、chrハイブリッドの実燃費は21.10km/lです。

一方、ヴェゼルハイブリッドff車の実燃費は19.16km/lなので、chrハイブリッドの方が2km/l近く上回っています。

カタログ燃費ほど大きな差ではありませんが、chrの燃費が優れていることに違いはありません。

燃費重視でSUVを選ぶ場合も、chrは有力候補にあげられることが分かります。

トヨタC-HR4wd車の燃費は悪い?

chrハイブリッドには4wd車の設定はありませんが、ガソリン車には設定があります。

この項目では、chrガソリン4wd車の燃費を検証してみましょう。

chrガソリン4wd車のカタログ燃費は15.4km/lで、ハイブリッドの半分程度に留まります。

また、ライバルのヴェゼルガソリン4wd車の19.6km/lと比較しても4.2km/lも劣るなど、決して良い数値ではありません。

実燃費は12.30km/lですが、ハイブリッドの21.10km/lと比較すると6割程度に留まるほか、ヴェゼルガソリン4wdの14.16km/lと比べても2km/l近く劣っています。

chrガソリン4wd車の燃費は、相対的に見て悪いと言わざるを得ないでしょう。


スポンサーリンク

トヨタC-HR冬は燃費はどうよ?

chrに限らず、車の燃費は季節により異なるものです。

それは、季節によってエアコンの運転頻度や熱負荷が違うことが要因になっています。

特に冬場は、暖房や窓の曇りを取るためにエアコンを運転する機会が増えるので、燃費の低下が大きいと言えるでしょう。

ことにハイブリッド車の場合は、暖房するためにはエンジンを始動する必要があるので、EV走行モードが使えなくなり、結果としてガソリン車以上に燃費の低下が大きくなります。

chrの場合、燃費は冬場にどのくらい低下するのでしょうか?

「みんカラ」の月別燃費記録を表にまとめると、以下のとおりになります。

chrハイブリッドの月別燃費

燃費(km/l)
1 18.44
2 18.78
3 20.12
4 21.32
5 21.89
6 22.23
7 21.29
8 21.43
9 21.5
10 21.58
11 20.6
12 19.13

11月から3月に掛けて、明らかに燃費が悪くなっていることが分かります。

chrガソリン車の月別燃費

燃費(km/l)
1 10.42
2 10.84
3 11.3
4 12.11
5 12.77
6 12.6
7 12.25
8 11.87
9 12.03
10 11.99
11 11.62
12 10.77

ハイブリッドと同様、ガソリン車も11月から3月に掛けて燃費が低下していることが分かります。


スポンサーリンク

トヨタCHRの燃費表示の見方は?

chrの実際の燃費を知りたい場合は、満タン法で計測する方法の他に、メーターパネル内のマルチインフォメーションディスプレイで確認する方法があります。

マルチインフォメーションディスプレイの機能のひとつに、走行に関する様々な情報を表示するドライブインフォメーション機能がありますが、瞬間燃費と平均燃費を表示することも可能です。

マルチインフォメーションディスプレイの操作は、メーター操作スイッチの「ひとつ前の画面にもどる」「決定/設定」「選択/ページ送り」ボタンで行いますが、誰でもすぐに使いこなせます。

chrの燃費表示の見方は、このように決して難しいものではありません。

トヨタCHR燃費みんカラの口コミは?

c-hrの燃費は、みんカラの口コミではどのように評価されているのでしょうか?

chrハイブリッドの燃費の口コミ

  • ・平均27km/l、最高で33km/l
  • ・街乗りでも22km/lは行くので悪くない
  • ・平均20km/l走るので満足
  • ・平均26km/l、最高で30km/lオーバー
  • ・平均25km/l走るので非常に満足
  • ・街乗り21km/l、高速28km/l
  • ・エコモードで25km/l
  • ・街乗り23km/l、高速18km/l
  • ・エコモードで20km/l
  • ・街乗りで17~18km/l

以上のような口コミがありました。

乗り方や走行モードにもよるでしょうが、概ね20km/l以上走るという口コミが多いので、e燃費のデータとも一致しています。

chrガソリン車の燃費の口コミ

  • ・街乗り9km/l、高速13km/lとまずまず
  • ・街乗りで7km/l台
  • ・夏場は13km/l走るが、冬場は9~10km/lまで落ちる
  • ・平均13km/l走るので満足
  • ・平均12km/l
  • ・街乗り11.5km/l、郊外14km/l、高速15km/l

以上のような口コミがありました。

平均すると10~13km/lというところで、ハイブリッドの場合と同様e燃費のデータと概ね一致します。

トヨタCHRの燃費を向上させるには?

 

この項目では、chrの燃費を向上させるための方法を紹介します。

燃費を向上させるためには、以下にあげる6つの方法を実践すると良いでしょう。

穏やかな発進加速を心掛ける

車は、発進時に最もガソリンを消費します。

発進時のガソリン消費量を少しでも抑えるには、ブレーキペダルから足を離した後いきなりアクセルを踏み込まず、クリーピングを利用して穏やかに発進することが重要です。

車が動き出した後も、アクセルを深く踏み込んで急加速すると燃費が悪化してしまうので、後続車の迷惑にならない程度に穏やかなアクセルワークを心掛けると良いでしょう。

無駄な加速・減速を繰り返さない

一旦巡行に入った後は、無駄な加速や減速を繰り返さず、なるべく一定のアクセル開度で走行した方が燃費が良くなります。

車間距離が短いと、どうしても前の車に合わせて加減速を繰り返すことになるので、適切な車間距離を保つことも大切です。

また、よほど先を急いでいる場合はともかく、追い越しを避けて走行車線を大人しく走ることも、燃費を向上させるポイントになります。

減速時はエンジンブレーキを併用する

減速するときはフットブレーキのみに頼らず、エンジンブレーキを併用した方が燃費が良くなります。

赤信号や一時停止表示などで停止する場合は、かなり手前の方からアクセルを放してエンジンブレーキにより徐々に減速することで、ガソリン消費を抑えることが可能です。

また、下り坂では低いギアに落とし(ハイブリッドはBレンジを使用、ガソリン車はシーケンシャルシフトマチックモードに切り替えてシフトダウン)、エンジンブレーキを効かせながら走行すると良いでしょう。

エアコンの使用はほどほどに

夏場にエアコンをガンガン効かせながら走行すると、確実に燃費は悪化します。

体に負担を掛けない範囲で、なるべくエアコンに頼らず窓を開けて凌いだり、エアコンを運転する場合も設定温度を少し高めにすることを心掛けたいものです。

タイヤの空気圧を適切に保つ

タイヤの空気圧が規程の数値よりも低いと、路面との摩擦抵抗を大きくなって燃費が悪化します。

したがって、こまめに空気圧をチェックし、適切な空気圧を保つように心掛けることが肝心です。

荷物を積みっぱなしにしない

クロスオーバーSUVのchrはレジャー用途にもピッタリですが、それだけについ遊びの道具を積んだままにしがちになってしまいます。

しかし、荷物の重さが多少なりとも燃費にも影響するので、使わない荷物は降ろしておくようにしましょう。


スポンサーリンク

まとめ

chrの実燃費は、ハイブリッドの場合はかなり良好でユーザーの満足度も高くなっています。

一方、ガソリン車は決して燃費が良いとは言えないものの、ユーザーは割り切っているのか意外と不満の声は聞かれません。

実燃費の数値はこれまで紹介したとおりですが、乗り方によっては平均値以上の数値を実現することも可能なので、是非チェレンジしてみてください。



-CHR, SUV車