CHR SUV車

トヨタC-HRのグレードで一番人気で売れ筋はどれ?

2018/07/12

トヨタのクロスオーバーSUV「chr」のグレードは体系は、ハイブリッド車3タイプ、ガソリン車3タイプの全6タイプのラインナップとなっています。

一言でchrと言ってもグレードによって内外装や装備などが異なるので、どれを選んだら良いか迷っている方も多いのではないでしょうか?

そこで、今回はグレードによる内外装や装備、燃費、価格の違いを検証すると同時に、人気売れ筋グレードやおすすめグレードを紹介することにしました。


スポンサーリンク

chrのグレード別外装、装備は?

最初に、chrのグレードによる外装と装備の違いを検証します。

chrのグレード別の外装

まずchrの外装についてですが、グレードによる仕様の違いは以下の表のとおりになっています。

グレード名 エンジンアンダーカバー&プロテクター フェンダーライナー ドアウィンドウフレームモールディング ドアベルトモールディング ledフロントフォグランプ リヤコンビネーションランプ ホイール&タイヤ
g(ハイブリッド) サイレンサー付 フロント&リア ピアノブラック メッキ 標準装備 ledタイプ 18インチ切削光輝+ブラック塗装アルミホイール+225/50r18タイヤ
s ledパッケージ(ハイブリッド) サイレンサー付 フロント ブラック ブラック ディーラーオプション ledタイプ 17インチシルバーメタリック塗装アルミホイール++215/60r17タイヤ
s(ハイブリッド) サイレンサー付 フロント ブラック ブラック ディーラーオプション バルブタイプ 17インチシルバーメタリック塗装アルミホイール++215/60r17タイヤ
g-t(ガソリン車) サイレンサー無 フロント&リア ピアノブラック メッキ 標準装備 ledタイプ 18インチ切削光輝+ブラック塗装アルミホイール+225/50r18タイヤ
s-t ledパッケージ(ガソリン車) サイレンサー無 フロント ブラック ブラック ディーラーオプション ledタイプ 17インチシルバーメタリック塗装アルミホイール++215/60r17タイヤ
s-t(ガソリン車) サイレンサー無 フロント ブラック ブラック ディーラーオプション バルブタイプ 17インチシルバーメタリック塗装アルミホイール++215/60r17タイヤ

こうしてchrのグレード別外装を比較してみると、上級グレードのgとg-tがワンランク上の仕様になっていることと、ハイブリッド車のみエンジンアンダーカバー&プロテクターがサイレンサー付になっていることが分かります。


スポンサーリンク

chrのグレード別の装備

次に、chrのグレード別の装備を比較してみましょう。

主要装備の違いを表にまとめると、以下のとおりになります。

グレード名 オートワイパー 自動防眩ルームミラー ブラインドスポットモニター クリアランスソナー&バックソナー 運転席電動ランバーサポート 運転席・助手席快適温熱シート ナノイー
g(ハイブリッド)
s ledパッケージ(ハイブリッド) × × × × × × ×
s(ハイブリッド) × × × × × × ×
g-t(ガソリン車)
s-t ledパッケージ(ガソリン車) × × × × × × ×
s-t(ガソリン車) × × × × × × ×

chrのグレード別装備を比較すると、外装の場合と同様にgとg-tの充実ぶりが目に付きます。

トヨタCHRのグレード別内装は?

続いて、chrのグレード別の内装を比較してみましょう。

各グレードの内装の仕様は、以下の表のとおりになります。

グレード名 内装色 シート表皮 ステアリングホイール インパネ加飾&ドアインナーガーニッシュ インパネレジスター加飾 センターコンソールアッパー加飾 パワーウィンドウスイッチ先端加飾
g(ハイブリッド) リコリスブラウン 上質ファブリック+本革 本革巻き 金属調+ソフト塗装 金属調塗装 ピアノブラック ブラック+ピアノブラック メッキ
s ledパッケージ(ハイブリッド) ブラック ファブリック 本革巻き 金属調塗装 ブラック ブラック ブラック 無し
s (ハイブリッド) ブラック ファブリック ウレタン 金属調塗装 ブラック ブラック ブラック 無し
g-t(ガソリン) リコリスブラウン 上質ファブリック+本革 本革巻き 金属調+ソフト塗装 金属調塗装 ピアノブラック ブラック+ピアノブラック メッキ
s-t ledパッケージ(ガソリン) ブラック ファブリック 本革巻き 金属調塗装 ブラック ブラック ブラック 無し
s -t(ガソリン) ブラック ファブリック ウレタン 金属調塗装 ブラック ブラック ブラック 無し

外装や装備と同様に、内装の仕様もgとg-tが最も上質になっています。

また、sおよびs-tとs ledパッケージおよびs-t ledパッケージの相違点は、ステアリングホイールの違いのみです。


スポンサーリンク

トヨタCHRのグレード別価格と燃費一覧

chrのグレード別価格と燃費を一覧表にまとめると、以下のとおりになります。

グレード名 価格 JC08モード燃費
g(ハイブリッド) 292万9,200円(※北海道地区は295万7,280円) 30.2km/l
s ledパッケージ(ハイブリッド) 267万円(※北海道地区は269万8,080円) 30.2km/l
s(ハイブリッド) 261万4,000円(※北海道地区は264万2,080円) 30.2km/l
g-t(ガソリン・ff) 260万5,200円(※北海道地区は262万8,960円) 16.4km/l
g-t(ガソリン・4wd) 279万9,600円(※北海道地区は282万3,360円) 15.4km/l
s-t ledパッケージ(ガソリン・ff) 234万6,000円(※北海道地区は236万9,760円) 16.4km/l
s-t ledパッケージ(ガソリン・4wd) 254万400円(※北海道地区は256万4,160円) 15.4km/l
s-t(ガソリン・ff) 229万円(※北海道地区は231万3,760円) 16.4km/l
s-t(ガソリン・4wd) 248万4,400万円(※北海道地区は250万8,160円) 15.4km/l

価格をハイブリッドとガソリンff車の同等グレード同士で比べてみると、ハイブリッドの方が32万4,000円高価です。

一方、燃費はハイブリッドの方が圧倒的に優れていますが、価格差をガソリン代で取り戻すためには相当な距離を走る必要があるでしょう。

トヨタCHRのグレード人気売れ筋は?

chrのグレード選びで悩んでいるなら、人気売れ筋グレードを選ぶのもひとつの方法と言えます。

みんなが選んでいるグレードなら、それだけでも安心感があるからです。

そこで、chrの中古車流通台数から人気売れ筋グレードを推測し、ランキング形式で表してみました。

  1. g
  2. g-t
  3. s-t
  4. s
  5. s-t ledパッケージ
  6. s ledパッケージ

最上級グレードのgが一番の売れ筋になっているのは、ハイブリッドならではの燃費の良さや、充実した装備や内外装が要因になっているのでしょう。

また、ガソリン車でも上級グレードのg-tが売れ筋になっていることから、chrのユーザーは値段の安さよりも装備や内外装の良さを重視していることが分かります。

トヨタCHRのリセールバリューから見るおすすめのグレードは?

車を購入する際、リセールバリューを気にする方も意外と多いのではないでしょうか?

chrは人気車種なので高いリセールバリューが期待できますが、グレードにより差があるのも事実です。

リセールバリューは中古車相場から推測できますが、ここでは1年落ち(2017年式)のchrを対象として、ランキング形式で表してみました。

なお、s ledパッケージ/s-t ledパッケージとガソリンff車は2018年5月に追加されたばかりのグレードなので、ランキングの対象外となります。

  1. g-t
  2. g
  3. s-t
  4. s

充実した内外装や装備が人気の的になっているg-tとgは、リセールバリューも高くなっています。

g-tとgは価格は高いもののリセールバリューも高く、装備が充実している分所有している期間の満足度も高くなるので、結果としてお得なチョイスであると言えそうです。

したがって、chrのグレードでおすすめできるのはg-tまたはgということになります。


スポンサーリンク

まとめ

chrのグレード別の内外装や装備、燃費などを紹介しながら、人気売れ筋グレードやリセールバリューの高いグレードを検証してきました。

結論として、価格の安さに釣られてsやs-tを買うよりも、魅力的な内外装や装備を持ち、高いリセールバリューが期待できるgかg-tを買った方が良い、と言えます。



-CHR, SUV車