CHR SUV車

トヨタCHRの赤はおしゃれ!赤・黒ツートンはスポーティー

トヨタのコンパクトクロスオーバーSUV「chr」は、アグレッシブな外装デザインが魅力のひとつですが、その魅力を更に生かすためにはボディカラーの選択も重要なポイントになります。

人気色の白や黒も良いのですが、chrが一層おしゃれに見える赤色や、スポーティーに見える赤・黒ツートンもおすすめです。

今回はchrの赤と赤・黒ツートンについて評価すると同時に、カスタムモデルや赤の色褪せ対策についても解説します。


スポンサーリンク

chrセンシュアルレッドマイカの人気度は?

chrの赤色は、正式には「センシュアルレッドマイカ」という名称が付けられています。

この項目では、chrのセンシュアルレッドマイカの人気度を探っていくことにしましょう。

中古車市場に出回っている台数から推測したchrの人気色ランキングは、以下のとおりです。

  1. パール
  2. グレー
  3. シルバー
  4. 赤(センシュアルレッドマイカ)
  5. 黄色
  6. 茶色
  7. その他

センシュアルレッドマイカの人気度はほぼ中位に位置することが分かりましたが、流通台数ではトップスリーのパール、黒、白に大きく水をあけられています。

したがって、chrセンシュアルレッドマイカの人気度はそれほど高いとは言えず、どちらかと言えばマイナーな色と言えるでしょう。

実際に街で見かけるchrも白や黒などが多く、赤はあまり見掛けません。

C-HRの赤黒ツートンの評価は?

chrのボディカラーは、一般的なモノトーンの他にツートンも設定されているのが特徴です。

この項目では、ツートンカラーの一つである赤・黒ツートンを評価します。

chrの赤・黒ツートンに用いられている色の正式名称は、赤はモノトーンと同じセンシュアルレッドマイカ、黒もモノトーンと同じブラックマイカです。

塗装の塗分けはルーフが黒、それ以外の部分が赤になっています。

また、chrのボディ下部は全車黒色なので、赤いボディの上下を黒でサンドイッチしたような感じです。

全体的な印象は、赤のモノトーンよりもこじゃれた雰囲気に感じられます。

ただし54,000円の有料色になるので、その出費に見合った満足度が得られるかと言えば微妙なところです。

また、ルーフが黒だと夏場に車内が熱くなるデメリットもあるので、赤・黒ツートンを選ぶ場合はその点も覚悟しておいた方が良いでしょう。



スポンサーリンク

chr 赤TRDエアロの評価は?

chrの赤は、カスタムすると更におしゃれに見えます。

社外品によるカスタムも良いのですが、トヨタではchrの純正カスタムモデルとして「TRD」と「モデリスタ」を用意しているので、この2モデルを取り上げて評価することにしました。

まずTRDですが、こちらには「アグレッシブスタイル」と「エクストリームスタイル」の2タイプが設定されています。

それぞれを構成するパーツは、以下のとおりです。

アグレッシブスタイル

  1. フロントスポイラー(led付/led無)
  2. サイドスカート
  3. リヤスカート
  4. サイドドアガーニッシュ
  5. ミラーガーニッシュ
  6. ドアハンドルガーニッシュ

これら5点のパーツを合計した価格は、1~4が塗装済の場合で209,520~247,320円、素地の場合で196,560~234,360円です。

エクストリームスタイル

  1. フロントスポイラー
  2. オーバーフェンダー
  3. マッドフラップ
  4. リヤトランクスポイラー
  5. 18インチアルミホイール&ナットセットまたはラグナットセット

これら5点のパーツを合計した価格は、ナットセットの場合で361,260円、ラグナットセットの場合で378,000円と、アグレッシブスタイルよりも10万円以上高価になっています。

アグレッシブスタイルに含まれるエアロパーツはフロントスポイラー、サイドスカート、リヤスカートの3点ですが、いずれもアグレッシブ=攻撃的の名にふさわしいエッジの効いたデザインが印象的です。

一方、エクストリームスタイルに含まれるエアロパーツはフロントスポイラーとリヤトランクスポイラーの2点ですが、こちらは自己主張を抑えたデザインになっています。

個性の異なる2つのスタイルですが、いずれもchrの赤を一層魅力的に感じさせてくれることは間違いありません。

ただ、どちらもフルコンプリート仕様にすると出費がかさむので、予算に余裕が無い場合はTRDのエアロパーツのみを装着するのも良いでしょう。

それだけでも十分な効果が望めるはずです。


スポンサーリンク

トヨタC-HRの赤 モデリスタの評価は?

続いてモデリスタを評価しますが、こちらには「インパルススタイル」と「エレガントアイススタイル」の2タイプが設定されています。

それぞれの構成パーツは以下のとおりです。

インパルススタイル

  1. フロントスポイラー
  2. サイドスカート
  3. リヤスカート
  4. バックドアスポイラー
  5. フロントグリルガーニッシュ
  6. フェンダーガーニッシュ

これら6点のパーツを合計した価格は、1~4が塗装済の場合で288,360円、素地の場合で259,200円です。

エレガントアイススタイル

  1. フロントスポイラー
  2. サイドスカート
  3. リヤスカート
  4. サイドドアガーニッシュ
  5. ミラーガーニッシュ
  6. ドアハンドルガーニッシュ

これら6点のパーツを合計した価格は、1~3が塗装済の場合で194,400円、素地の場合で173,880円と、インパルススタイルよりも9万円ほど安価です。

インパルススタイルの印象ですが、インパルス=衝撃の名のとおり刺激的な雰囲気を醸しています。

フロントスポイラーにはイグニッション連動のledライトが組み込まれているので、対向車にも強い印象を与えるはずです。

一方のエレガントアイススタイルは、フロントスポイラーとリヤスカートのデザインがインパルススタイル用とは異なり、やや大人しい雰囲気になっています。

また、フロントスポイラーにledライトが組み込まれていないのも相違点のひとつです。

全体的な印象はインパルススタイルほどの刺激性は無く、その名のとおり優美さやクールさを感じさせるのが特徴と言えるでしょう。

そして、どちらのスタイルもchrを一層魅力的に見せてくれるという点では、TRDとも共通しています。

トヨタC-HRの赤の色褪せ対策

車の塗装面は年月が経つにつれて劣化し、色褪せていきます。

塗装面の色褪せは、太陽光に含まれる紫外線やボディに付着した酸性雨、鳥の糞や埃などの様々な要因が複合して生じるものです。

色褪せの進み方は色によっても異なりますが、赤のような鮮やかな原色系は色褪せが目立つ傾向があります。

chrの赤も例外ではありませんが、相応の対策を取ることで色褪せの進行を防ぐことが可能です。

色褪せを防ぐには紫外線や酸性雨などの影響を軽減することが有効ですが、具体的には以下にあげる5つの対策があります。

  • ・可能であればUVカット加工が施されたカーポートを設置する
  • ・ボディカバーを掛ける
  • ・定期的に洗車を実施する
  • ・洗車後にワックスやコーティング剤を塗布し、塗装面を保護する
  • ・色褪せが進行している場合は、コンパウンドで研磨する

これらの対策を実行することで、色褪せの進行を遅らせることが可能です。


スポンサーリンク

まとめ

chrの赤はそれほど人気のある色とは言えませんが、魅力の点では人気色の黒や白に勝るとも劣りません。

特に、TRDやモデリスタのパーツを装着するとおしゃれな雰囲気やスポーティーさが倍増するので、予算に余裕があれば是非とも装着したいところです。

また、色褪せしやすい欠点も今回紹介した方法でカバーできるので、そう神経質になることもないでしょう。



-CHR, SUV車