修理・整備関係

10万キロ走行した車は売れるのか?定期点検の重要性に迫る!

車業界では、10年10万キロが一区切りと認識されています。

要するに車は、購入してから10年経つか10万キロ走ると査定が無くなるということです。

これは本当のことでしょうか?

ガゼルも大体10年乗るか10万キロ乗るかが、車の買い替えや中古車の購入の目安になっていると思います。

車を売るにしても10万キロ超えてたら安くしか売れないですし、下取りに出すとしても10万キロではほぼゼロに等しいと思っています。

更に10万キロ超えた車を購入するのはできるだけ避けたいと思っています。

実際には20万キロ以上走っている車を結構見かけることがあります。

現代の車では10万キロ走ったら限界と言うことはありません。

タクシーだと40万キロ走っている車もありますし、車が10万キロでダメになるということはありません。

それはみんな分かっていることだと思っています。

しかしなぜ10年10万キロと言われるのでしょうか?

それは車検やメンテナンスと密接な関係があります。

3万キロ以上エンジンオイル交換しなかったエンジン内部

それでは考察していきたいと思います。

車が10万キロ超えたらどうなる?

昔から車は10年10万キロと言われてきました。

ガゼルもそう聞いてきましたし、それがひとつの目安になっていることは間違いないです。

なぜ10年10万キロがひとつの目安となってしまったのでしょうか?

10年10万キロは昭和の頃の品質目標

昭和の頃までは、10年間で10万キロ走行するために内容品質を管理して開発されていたということです。

昭和の頃の車は10年を超えると毎年車検がありました。

ですので昭和の頃は、10年を経過し10万キロ10万キロ乗った車はほとんど廃車になっていました。

昔は現在と違ってマニュアル車が多かったので、10万キロを超える頃になるとクラッチ板の交換が必要になる車が多かったのです。

さらにエンジンやボディーも10年10万キロを目標に制作されていたので、その頃にはボディーが錆びていたりしていたのです。

10年10万キロと言うのは現在となっては、日本人の古い慣習ということになるのでしょう。

車の10万キロ車検とは?

車検と年数10年の関係

前述したように以前は車を購入してから10年経過すれば毎年車検がありました。

現在では車の性能を向上しましたので、10年以上経過した車でも2年ごとの車検になっています。

10年が経過して毎年車検ということになると、車検の費用は現在の2倍ということになりますので10年で廃車をする人も多かったわけです。

10年10万キロと言われていましたから、10万キロも一つの目安となっています。

購入してからの走行距離が10万キロを過ぎると当然部品も壊れてきます。

ですので交換部品が増えてくるということは、当然車検の経費も10万キロ過ぎると結構高くなってきます。

10万キロ走った車の車検費用は?

車を購入してから10万キロ出すと交換部品も多くなってくるので、車検費用も高くなる傾向があります。

それでは交換部品にはどのようなものがあるのか、また費用はどれくらいかかるのか考察していきたいと思います。

10万キロ走った車の交換部品

10万キロ走行した劣化した車の部品にはいろんなものがあります。

タイミングベルトは重要

タイミングベルトはゴム製のもので10万キロ目安に交換が必要です。

ちなみに部品代、工賃合わせて3万円ほどかかるのが普通です。

ブレーキのみは7~8万キロで交換

消耗部品の交換そしてブレーキパッドというものがあります。

ブレーキパッドの交換は1万円前後でできます。

10万キロの車で修理交換したい箇所と費用

●タイミングベルト
●ベルトテンショナー
●ウォーターポンプ
●燃料ポンプ
●バッテリー
●タイヤ

最低でもこれくらいは点検し、修理若しくは交換したいものです。

なぜならこれらのどれかが壊れてしまえば、車は動かなくなってしまうからです。

これらの物を交換すると、通常の車検よりも15万円から25万円高くなってしまう様です。

またサスペンションの交換は3、4万円前後です。

サスペンションを交換すると劇的に走りが変化します。

車を10万キロで買い替え

車は10万キロ乗る前に買い替えた方が良い、とよく言われますがそれはどうゆう理由からでしょうか?

現在では20万キロを走った車も珍しくないのですが、そうすると10万キロは通過点です。

そうして10万キロ達成する前に売った方が良いと言われていたのでしょうか?

10万キロで車を売るのはどうよ?

前述したように昭和の時代は10年10万キロと言われていました。

ですので10万キロを超えた車は、すでにただ同然と言われていました。

現在は20万キロを超えて走る車もあるくらいですから、しっかり査定をしてもらえば値段は付くようです。

ただし10年10万キロを超えた車は、交換部品が多くなってきます。

ですので、それなりに価格が下がることは覚悟しなければなりません。

車を売りに出す時に「どうせ下取り価格にもならないだろう」と諦めないで査定を受けてください。

そうすれば10万円から20万円の査定がつくこともあります。

現在はネット上で一括して車の査定を行いますので気軽に査定をすれば良いと思います。

10万キロの中古車を購入したら?

10万キロを超える中古車は、市場ではかなりの激安で売買がされています。

これは10万キロが車の寿命の目安と思っている方が、結構いらっしゃるので中古車価格が下がっているのです。

車の寿命としては、15万キロ以上はほとんど大丈夫ですので狙い目と言えます。

基本的なメンテナンスが重要

しかし現実的には10万キロを超えると消耗部品が壊れていたり、足回りやエンジンがへたっていたりします。

ですので10万キロの間に、基本的なメンテナンスをちゃんと行ってきたかどうかが重要になります。

エンジンオイルやエレメントの管理

車の点検において一番基本的な項目です。

エンジンと言うのは車の心臓ですので、そのエンジンをスムーズに動かすために必要なものがエンジンオイルです。

ですので快適に走行するためにはエンジンオイルの交換や、エレメントの定期的な交換などが必要になります。

定期的なエンジンオイルの交換や、エレメントの交換がなされているかどうかを確認することが重要です。

3ヶ月に一回とか、5000キロに1回の目安でエンジンオイルを交換しているかどうかご確認しましょう。

タイミングベルトは交換されているか?

もう一つ重要なのは、タイミングベルトの交換の有無です。

基本的に走行距離10万キロになると、タイミングベルトの交換が自動車メーカーより推奨されています。

中古車販売店でも「タイミングベルト交換済み」という事を売りにしている店もあるようです。

ですのでタイミングベルトを交換したかどうかは重要なことですのでよく確認しておきましょう。

タイミングチェーンが採用されている。

タイミングベルトにはゴム製のVベルトが使用されています。

現在は金属製のタイミングチェーンも増えてきました。

このタイミングチェーンは半永久的に使用できるということです。

しかし基本的には20万キロ目安に交換した方が安心です。

ブッシュ類(緩衝材)が交換されている。

ブッシュ類とは、ゴムでできた緩衝材のことです。

車の衝撃を和らげたり音を軽減する部品です。

これらは10年10万キロを目安に交換することが推奨されています。

このブッシュ類も交換されていたら安心できます。

エアコンの臭い

細かいことですが、エアコンを作動させたときのエアコンの臭いにも注意しましょう。

10万キロを超えるような車では、年式が古いのでエアコンのカビが繁殖している場合があります。

このカビの匂いはなかなか消えるものではありません。

ですので中古車販売店ではエアコンを作動させて、この匂いがするかどうか確認することが重要です。

定期点検記録簿の記録の有無

以上のことを踏まえて、10万キロを超える中古車を選ぶ場合はメンテナンスの定期点検記録簿というものを確認することが大事です。

10万キロを超える中古車になると、故障が増えてきますのでそれまでに定期的なメンテナンスをしてきたかどうかが重要になります。

10万キロ乗った軽自動車

最後に10万キロを超えた軽自動車は大丈夫なのかという問題です。

基本的に軽自動車は排気量が660cc と小さいです。

ですのでこの限られた排気量のなかでパワーを出すために、どうしてもエンジンの回転数を上げざるを得ません。

ということで普通自動車に比べて、軽自動車はエンジンの負担が大きくなり寿命が短くなる傾向があるようです。

特に坂道を上がる時など、負担がかかる場面でエンジンの回転数を上げなければならないので消耗が激しくなってしまいます。

また制限された小さいボディーで室内空間を広く取る為に、背を高くする必要がありどうしても重量が増してしまいます。

そのた各部品が早く傷んでしまいます。

昔ほど10年10万キロに神経質になる必要はないのですが、普通車よりも耐久年数は短いと言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

10年10万キロと言うのは、昭和の時代の古い慣習だといえますが、10万キロ走れば各部品が消耗するということも事実です。

ですので10万キロも走れば車検費用は高くなる傾向にあります。

さらに10年10万キロという慣習はまだ根付いておりますので、どうしても査定額は安くなりがちです。

また中古車を購入する際にも、10年10万キロと言うのは一つの目安となり得ることは間違いないです。

しかしここで注意して欲しいのは、大事なことは何年乗ったか何万キロ走ったかと言うのが大事なのではないと言うことです。

どういうことかと申しますと、10万キロ乗ってきたなかで定期的に基本的なメンテナンスを行ってきたかと言うのが重要なことなのです。

定期的に基本的なメンテナンスを行っていれば、30万キロ40万キロも走れる可能性が十分あるのです。

ただボディ自体は傷んできますし、色も褪せてきますし、消耗部品は交換しなければなりません。

車が長期間にわたって走行することができるのはオーナーの考え方次第と言えます。

私の記事が参考になりましたら幸いです。

-修理・整備関係